スパイナル・ローテーション

マットの上に両膝を曲げた状態で横向きに寝ます。
その際に両手は平行に保ちます。

息を吸いながら上の手を天井へ向け動かしていきます。
その際に上体は前を向いたままで視線も前方へ向いたままです。

息を吐きながらさらに手を後方へ動かしていきます。
腕の動きに合わせて上体を天井へ向けていきます。
視線も合わせて天井に向けます。
この際膝がマットから浮かないように意識します。

息を吸って肋骨下部を広げていきます。
可能であれば息を吸う際にさらに手をマットに押し付けるイメージを持ち、上体を開くイメージを持てると良いです。

天井を向いた状態で、2回呼吸をします。

そのあと息を吸って準備し、吐きながら初めの姿勢に戻ります。

これを2〜3回繰り返したのちに向きを変えます。

逆側も同様に2〜3回繰り返します。

体の上方をストレッチし、肋骨を広げ深い呼吸を促します。
また合わせて背骨を伸ばすことができます。

後方へ手を持っていった際に、膝が浮くようであれば後方へ動かす量をコントロールして構いません。
慣れてきたら徐々に動かす量を増やしていきましょう。