キャット・ストレッチ

マットの上に四つ這いになります。
肩の下に手がくるようにし、股関節の下に膝がくるようにします。
運動を通して肘は軽く曲がった状態をキープします。

息を吸って準備をします。

息を吐きながら背骨を1つづつ曲げていきます。
背骨がアーチを描くようなイメージです。 視線を膝の間へ向けていきます。

背骨がアーチを描きましたら、息を吸って肋骨下部と後部を広げます。

息を吐きながら背骨を1つづつ伸ばしていきます。
頭頂とお尻が一直線になるようなイメージです。
腰が反りすぎないように自然なカーブを意識します。
この時視線はマットの端へ移していきます。

これを3〜5回繰り返します。

背骨を曲げている際はマットを手で軽く押し、肩甲骨を外に開くイメージをもつとなおいいと思います。

腰が反らないよう支えるのと背骨を曲げる際に腹筋が、背骨を伸ばしていく際に背筋が協調して働きます。
また、手で軽くマットを押し肩甲骨を外に開くことで肩周囲の筋肉(特に前挙筋)が働きます。